藤崎 理映子

 Rieco Fujisaki

ABOUT

rieco

藤崎 理映子

― Singer-Songwriter 福岡で生まれ育つ。
3歳の時、NHK「おかあさんといっしょ」でオルガンを演奏しているお姉さんの姿に心惹かれて、電子オルガンを習い始める。

8歳の頃クラスメイトや学校と馴染めず声がまったく出なくなってしまい、その悲しみや、どこにも行きようがない想いをピアノに向き合い表現しているうちに自分の心を音にして紡ぎ出すことへの不思議な魅力に目覚める。

初めて作曲した思い出の作品は、大好きなマイケル・ジャクソンへの恋心を綴った曲で、それをファンレターと共に本人へ送ったことも。

10歳の時、勉強中に突然「人々の心を音で癒すことが、私の人生の使命」という言葉が降りて来て、その言葉を人生のテーマとして意識するように。

14歳の時に観たホイットニー・ヒューストン主演のゴスペル映画「天使の贈りもの」で《歌声》が持つ力に心が震え、《音楽を作り、そして自分でも歌うこと》が目標となる。

15歳から約2年間、福岡の音楽スクールにて音楽理論や作曲を学び、シンガーソングライターを目指す。

その後、メジャーデビューを目標に福岡で活動すること約10年。
28歳で、資生堂とヤンマーのダブルタイアップで日本コロムビアより念願のデビューを果たす。

しかし念願のはずだったメジャーの中である出来事をきっかけに自分自身の在り方や存在価値を完全に見失ってしまう。
そして一度すべてを手放し、導かれるようにハワイ島へ。

すべてを失くしてしまったと感じていた私へ、ハワイ島の大自然から「なにかを成し遂げたり、周りに自分が何者かを知らしめていなくても、私たちはあなたのありのままの、そのままの存在をまるごと愛し、祝福しています。」
というメッセージを受け取る。

このメッセージをきっかけに、しばらく音楽からも離れていた日々に、もう一度音楽が息を吹き返す。
「やっぱり私は音で人々の心に触れたい」
と、改めて10歳の時に降りて来た言葉の原点に還る。

その後31歳で独立、音楽制作・著作権管理・イベントプロデュースを行うR&H合同会社を画家の妹と共に立ち上げる。

「人々が自分自身の素晴らしい輝きを思い出し、自身の存在を祝福し愛することができますように」という想いを胸に、歌・音と共にあらゆる活動を展開中。